検索結果

並び替え

検索結果

細胞膜通過輸送研究ユニット (ファデル・サマテ)

English 細胞膜通過輸送研究ユニット (ファデル・サマテ) ユニットの概要 細胞膜通過輸送研究ユニット ファデル・サマテ 准教授 f.a.samatey at oist.jp リンク http://proteopedia.org/wiki/index.php/Fadel_A._Samatey_Group_%28Japanese%29 研究 概要 我々の研究の目的は、膜タンパク質を構成要素にもつ超分子複合体の機能を分子レベルで理解することである。 生体膜には膜タンパク質で構成される特殊な装置が存在する。膜タンパク質はシグナルの伝達 ...

マリンゲノミックスユニット (佐藤 矩行)

English マリンゲノミックスユニット (佐藤 矩行) ユニットの概要 マリンゲノミックスユニット 佐藤 矩行 教授 norisky at oist.jp   研究概要 ゲノムはある生物の持つ1セットかつ全ての遺伝情報である。OISTマリンゲノミックス・ユニット(MGU)では、(1) 脊索動物の起源と進化に関する比較ゲノム科学的および比較分子発生生物学的研究、(2)サンゴと褐虫藻( Symbiodinium )の共生関係の成立と崩壊に関するゲノム科学的研究、(3)動物の特殊機能に関するゲノム科学的研究、(4)全動物門のゲノム解読を目指す研究、などを進めている。 ( 1 ...

微生物二次代謝産物研究ユニット (ホルガー・イエンケコダマ)

English 微生物二次代謝産物研究ユニット (ホルガー・イエンケコダマ) ユニットの概要 微生物二次代謝産物研究ユニット ホルガー・イエンケコダマ 准教授 holger.jenke-kodama at oist.jp   研究 概要 二次代謝産物とは、多様な化学物質群に属する小さな化合物であって、種ごとに特有のものと見なされている。モジュラーポリケチド合成酵素(PKS)および非リボソームペプチド合成酵素(NRPS)は、細菌の二次代謝において組み立てラインのように段階的生合成を行なう多酵素系である。多くのポリケチドやリボソームを介さずにつくられたペプチドは、抗生作用や抗真菌性 ...

統合システムバイオロジーユニット (タティアナ・マルケス-ラゴ)

English 統合システムバイオロジーユニット (タティアナ・マルケス-ラゴ) 環境の変化による細胞内の科学的出来事を予想することは困難です。しかし、細胞は効率的に意思決定を行っています。生物システムの反応とその予測を正確に理解することは極めて重要ですが、こうした細胞機能の基礎的なメカニズムは、未だよく分かっていません。 シグナル伝達経路の理解は、生物学的プロセスをモジュールという単位で説明することで深まりました。しかし多くの研究で得られた結論は、実験条件などにより異なった結論が示され、モジュールが分子機能の一部として組み込まれると矛盾した結論を導く事になりがちです。実験的な問題に加えて、 ...

情報処理生物学ユニット (丸山 一郎)

English 情報処理生物学ユニット (丸山 一郎) 概要 環境の変化や細胞間相互作用などの細胞外情報あるいは生体外情報を適切に認識し、その外界情報を正確に細胞内あるいは生体内に伝達することは、バクテリアからヒトまで全ての生物の生存にとって必須である。この情報処理が適切に行われないと、遺伝病、精神障害、癌など様々な病気が引き起こされる。 本研究では外界(細胞外あるいは生体外)情報が細胞あるいは生体により如何に認識され、それが細胞内あるいは生体内で情報処理される分子機構の解明を目指す。このためのモデル系としてバクテリア・培養細胞・線虫(C. elegans)・マウスやラットなどを使用する ...

G0細胞ユニット(柳田 充弘)

English G0細胞ユニット(柳田 充弘) ユニットの概要 G0細胞ユニット 柳田 充弘 教授 (京都大学名誉教授, 文化勲章受章者) yanagida at oist.jp   研究の概略 細胞の成長と増殖は、生物学における中心的な問題である。我々の研究計画は、栄養飢餓による細胞周期停止と、飢餓状態の細胞が栄養培地に戻された時の成長再開という、細胞の適応戦略に焦点を置いている。いかに細胞がG0期様の分化状態への停止を制御し実行するか、また、栄養環境が改善したときにいかに細胞成長と分裂を再開させるか、その分子スイッチの問題を調べたい。すなわち ...

生物システムユニット (イゴール・ゴリヤニン)

English 生物システムユニット (イゴール・ゴリヤニン) ユニットの概要 生物システムユニット イゴール・ゴリヤニン 教授 goryanin at oist.jp   研究 ヒトの細胞内ネットワーク の 再構成 ヒト代謝ネットワークは、ハイスループット実験やバイオインフォマティクス手法による de novo 予測から得られるシグナル伝達ネットワーク、遺伝子調節ネットワーク、タンパク質相互作用ネットワークと統合されつつある。遺伝子、タンパク質、代謝産物といった統合ネットワークの各要素は、ヒトの疾患および薬剤などに関する広範な情報と関連づけられている。このようなデータベースの例としては ...

物理生物学ユニット(ジョナサン・ミラー)

English 物理生物学ユニット(ジョナサン・ミラー) 研究概要 物理生物学ユニットでは、主に生物系の研究を対象とした物理科学ベースのツールを開発しています。ゲノム進化および集団ゲノム科学などを主な対象とし、遺伝的変異が自然選択と進化とを結合する仕組みに関する新たな知見を得ようとしています。 参考 B. Kammandel et al. (1999). Developmental Biology 205, 79–97. G. Bejerano et al. (2004). Science 304 (5675), 1321-5. J. Miller and P. Havlak (2005). ...

数理生物学ユニット (ロバート・シンクレア)

English 数理生物学ユニット (ロバート・シンクレア) ユニットの概要 数理生物学ユニット ロバート・シンクレア 准教授 sinclair at oist.jp   研究 概要 数世紀にわたり、数学が、物理学に取り入れられ発展してきたように、生物学において、今後数年で数学が発展、飛躍することは間違いない。言い換えると、生物学には数学の潜在能力を向上させるものが眠っている。我々はどのようにして、それを発見することができるのか。近道はなく、我々はそれに向けて地道に模索していかなければならない。 当ユニットは、その端緒を得るために、数学者と生物学者をより緊密な関係にすることを目的として ...

生体制御分子創製化学ユニット (田中 富士枝)

English 生体制御分子創製化学ユニット (田中 富士枝) Chemistry and Chemical Bioengineering Unit (Tanaka Unit) 生体制御分子創製 ...

発達神経生物学ユニット (ゲイル・トリップ)

English 発達神経生物学ユニット (ゲイル・トリップ) ユニットの概要 発達神経生物学ユニット ゲイル・トリップ 教授 tripp at oist.jp   研究概要 発達神経生物学ユニットでは、注意欠陥多動性障害(ADHD)の特性、原因および対処法について研究しています。ユニットのメンバーは、ADHDと診断された児童が、報酬に対して定型発達児とは違った反応を示す理由について研究を行い、海外の共同研究者と共にfMRIおよび薬剤研究を行い、疾患の背景にある神経生物学の探索を行っています。また、ADHDを持つ児童の社会的問題解決スキルを研究し ...

膜協同性ユニット(楠見 明弘)

English 膜協同性ユニット(楠見 明弘) Welcome to the web page of the Membrane Cooperativity Unit, led by Prof ... . Aki Kusumi. Overview We at the Membrane Cooperativity Unit strive to understand how biological ... fundamental unit of life- because it defines the space for it. The plasma membrane exchanges information ...

Pages