検索結果

並び替え

検索結果

メインキャンパス建設工事の近況を更新しました

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email メインキャンパス建設工事の近況を更新しました。 建築状況 メインキャンパス建設工事の近況を更新しました ...

沖縄科学技術大学院大学(仮称)学長公募を掲載しました。

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email 詳細は下記のPDFをご閲覧ください。  公募沖縄科学技術大学院大学 学長 沖縄科学技術大学院大学(仮称)学長公募を掲載しました。 ...

「沖縄科学技術大学院大学学園法」が公布されました。

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email 詳細は下記のPDFをご閲覧ください。   沖縄科学技術大学院大学学園法 「沖縄科学技術大学院大学学園法」が公布されました。 ...

沖縄科学技術大学院大学(仮称)設立構想にかかる主な検討事項(新大学院大学の青写真)

沖縄科学技術大学院大学(仮称)設立構想にかかる主な検討事項(新大学院大学の青写真)   (写真左から)有馬朗人博士、岸田文雄大臣(当時) トーステン・ヴィーゼル博士、ジェローム・フリードマン博士 去る7月28日~30日、第6回運営委員会が開催され、沖縄科学技術大学院大学(仮称)設立構想にかかる主な検討事項(青写真)について議論がおこなわれ、合意を得ました。  新大学院大学の青写真 は、 「大学院大学設立準備グループ」と「運営委員会ワーキング」が1年以上にわたって検討を重ねた結果、提言として要約したもので、会合最終日に同委員会共同 議長のトーステン ...

G8科学技術大臣会合 「環境とエネルギー問題」 ワークショップ in 沖縄

G8科学技術大臣会合 「環境とエネルギー問題」 ワークショップ in 沖縄 要旨 主要国(G8)史上初めてとなる科学技術大臣会合が6月15日に沖縄で開催されるのに先立ち、会合のプレイベントのひとつとして「環境とエネルギー問題」をテーマとしたワークショップが6月14日に琉球大学で開催されました。ワークショップでは、4人のゲストスピーカーによる講演がおこなわれたほか、沖縄科学技術研究基盤整備機構の理事長、シドニー・ブレナー博士も参加して質疑応答がおこなわれました。以下は、講演と質疑応答の要旨です。なお、本ワークショップは沖縄科学技術研究基盤整備機構、琉球大学、台湾中央研究院 ...

OIST運営委員会共同議長トーステン・ヴィーゼル博士への 旭日大綬章伝達式の様子

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email 詳細は下記のPDFをご覧ください。  トーステン・ヴィーゼル博士が旭日大綬章を受章 OIST運営委員会共同議長トーステン・ヴィーゼル博士への 旭日大綬章伝達式の様子 ...

OIST代表研究者、エリック・デ・シュッター博士が計算神経学学会(OCNS)の会長に就任しました。

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email 詳細は下記のPDFをご覧ください。  エリック・デ・シュッター博士が計算神経学学会会長に就任 OIST代表研究者、エリック・デ・シュッター博士が計算神経学学会(OCNS)の会長に就任しました。 ...

ニュースレター(第9号)を掲載しました。

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email ニュースレター(第9号)を下記のページに掲載しました。 公開情報 ニュースレター(第9号)を掲載しました。 ...

学生の教育研究機会について

Share to: Twitter Facebook LinkedIn Email 下記のページに情報を掲載しました。 連携大学院 学生の教育研究機会について ...

メリー・アン・プライス博士による講演

メリー・アン・プライス博士による講演 私が科学者になった理由 発生分化シグナル研究ユニット 代表研究者 メリー・アン・プライス博士 2月29日 恩納村立安富祖中学校 プライス博士の講義は、試験管に入った生きた ショウジョウバエのサンプルをおよそ60人の全校生徒に回すことから始まりました。興味津々の生徒たちに対してプライス博士は、生物学的にはどのサンプル もショウジョウバエとして分類されるけれど、受精卵が細胞分裂を繰り返す過程で、それぞれに違うパターンの羽が形成されるほか、羽の中の血管の数も違って くると説明をしました。またプライス博士は ...

政井一郎博士による講演

政井一郎博士による講演 遺伝学を使って発生の仕組みを探る 神経発生ユニット 代表研究者 政井一郎博士 2月25日 恩納村立山田中学校 2006年10月のユニット発足以来、学校での講義は初めてであったという政井博士。全校生徒およそ60 人を前に、かつて大学の授業で生物の体が遺伝子によって形成されることを学び、その神秘的な仕組みを解明したくて生物学を専攻したエピソードを紹介しました。また政井博士は、人間の体が一つの受精卵に由来し、受精卵が細胞分裂を繰り返すことで神経や筋肉などの様々な組織がつくられ、個体が形成されると紹介。この過程を制御する仕組みを明らかにする学問が発生生物学で ...

ジョセフ・サージェント博士によるADHDに関する講演

ジョセフ・サージェント博士によるADHDに関する講演 ジョセフ・サージェント博士によるADHDに関する講演会 去る2月7日、沖縄県立南部医療センター・ こども医療センター(南風原町)とOISTとの共催で、アムステルダム・フリィ大学のジョセフ・サージェント博士による注意欠如多動性障害(ADHD)に 関する特別講演会が同センターで行われた。サージェント博士は、世界的に広く知られているADHDの研究者で、同分野で研究を進めている沖縄科学技術大学 院大学(仮称)の先行研究プロジェクトの一つ、「発達神経生物学ユニット」(代表研究者:ゲイル・トリップ博士)の招致により、今回の沖縄講演が実現し た ...

Pages